TOP
48.65score

ハルハリ

スポンサーKataribe

クッキングシートで簡単!アートネイルも単色ネイルも、サロンのような仕上がり

自宅で凝ったネイルをしたいけれど、セルフネイルは時間がかかるとお悩みの方にオススメの方法があります。
単色ネイルはムラができてしまうという方にもおすすめです。

それは、ネイルポリッシュプラス、自宅にあるもの1つで可能です。

そのアイテムは、『クッキングシート』。

スーバーやコンビニ、100均でも購入することができます。
クッキングシートを使用したアートネイルの作り方を紹介します。

【用意するもの】
・ベースコート
・ネイルポリッシュ
・トップコート
・クッキングシート
・はさみ
・えんぴつ

※ポイント→クッキングシートは、表面がつるつるしているものを選ぶと良いです。

【ネイルの作り方】
1.クッキングシートに、自分の作りたいネイルデザインを鉛筆で下書きします。ハート型や星型、お好みの形を描きます。
自分で書くのが難しい場合には、お気に入りのネイルの写真をプリントして写すのもおすすめです。
マーブル模様や、ストライプなど、模様をつけたい時には、鉛筆でラインをひいておきます。
5本全部の指にアートをほどこしたい場合には、自爪の大きさに合わせて絵を5個描きます。
そして、もう一枚のクッキングシートにも絵をトレースします。(左右対称のネイルをしたい場合)

2.クッキングシートに描いた絵にネイルを塗っていきます。お好みの色を使用しましょう。
平面に色を塗っていくので、利き手ではない手で模様を書く必要もなく、美しい絵が作れます。

3.トップコートを絵に塗り、乾くまで待ちます。待っている間に、自爪にベースカラーを単色塗りしておくと時短になります。

4.乾いたら、絵をはさみで切り抜き、クッキングシートからはがします。ネイルにそのままのせるパーツの完成です。

5.自爪にベースコートを塗り、4.をお好みの位置にのせて、なじませ、トップコートを塗って完成です。

【ポイント】
・自爪の形を最初にクッキングシートに描いておくと、絵の大きさが大き過ぎたり、小さすぎることがなくなるのでおすすめです。
・時間のある時に、好きなデザインを幾つか描いてストックすることも可能です。

【まとめ】
自爪に直接描くアートネイルは失敗しやすいという場合はもちろんのこと、単色塗りを美しく仕上げるのにもおすすめ!
単色を自爪より少し大きめにクッキングシートに塗っておき、乾かしておけば、使いたい時に自爪にのせてトップコートをぬれば完成です。
乾かす時間も短縮でき、失敗もなくすことができます。以外と単色塗りはムラができてしまうため、セルフネイルで美しく仕上げるのは難しいもの。
この方法を使えば、アートネイルも、単色ネイルも美しく仕上げることができます。

.

最終更新日:2016-12-12 14:46

コメント (0)