TOP
43.81score

ハルハリ

スポンサーKataribe

季節ごとに使い分ければさらに美容効果アップ!オススメのオールインワンジェルの使い方。

オールインワンジェルはひとつのアイテムで化粧水、美容液、乳液、日焼け止めなどのお手入れを済ませることができる時短アイテムとしておすすめです。
忙しい朝でもオールインワンジェルをさっと塗るだけで、スキンケアをもれなく行うことができます。
そんな便利でお得なオールインワンジェルですが、オススメの使い方は季節ごとにオールインワンジェルを変えるという方法です。
化粧水、美容液、乳液、日焼け止めを季節ごとに全て買いかえるのはコストパフォーマンス的にも辛いという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
お肌の状態は変化しているのに、スキンケア用品は一年を通して変化なし、という方にもおすすめです。

【季節別!おすすめのオールインワンジェルに含まれている成分】
●春 →ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド
春は花粉をはじめ、大気汚染や黄砂など、さまざまな外部刺激が多い季節です。冬場乾燥していたお肌はバリア機能が落ち、外部刺激によってトラブルをおこしやすい状態です。また、紫外線が増え始めることで皮脂の分泌が増え、大人ニキビの原因にもなります。
保湿重視のものを選ぶことで皮脂トラブルと毛穴トラブル、両方にはたらきかけることができます。

●夏 →ビタミンC誘導体、プラセンタ、アルブチン、セラミド
夏は紫外線が最もお肌にダメージを与えやすい季節です。また、冷房によってお肌が乾燥しやすくなり、さらに冷えによって血行不良がおこりやすくなります。角質ケアをして毛穴に古い角質や汚れをためないようにするケアが必要です。ビタミンC誘導体は抗酸化力が高く、紫外線によって受けたダメージを修復する期待がもてる他、プラセンタやアルブチンは美白にはたらきかける作用があります。

●秋 →プロテオグリカン、プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド
秋は夏に浴びた紫外線をケアする時期として引き続き夏同様のケアがおすすめです。夏と秋は同じものを使用するのも良いでしょう。夏場のダメージが強い場合には、ダメージに合わせた成分が含まれているものを選ぶとさらに良いでしょう。乾燥がひどくなった場合は、プロテオグリカンが含まれているものがおすすめです。保水力にすぐれているため、美肌効果が期待できます。

冬 →エラスチン、天然保湿因子、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC、セラミド
冬は外気も冷たく、乾燥しています。また、室内も暖房で乾燥しており、乾燥肌になりやすい時期です。 水溶性の保湿成分が含まれているものを選び、特に乾燥が気になる部位は重ね塗りをしたり、パックをするのもおすすめです。

リーズナブルなオールインワンジェルだからトライしやすい季節ごとのスキンケア。トラブルのないお肌作りに欠かせません。

.

最終更新日:2016-05-02 16:22

コメント (0)