TOP
38.07score

ハルハリ

夏バテの正体は自律神経の乱れ!根本から改善にはたらきかける生姜の力。

夏バテという言葉はよく耳にしますが、そもそも夏バテとは身体がどのような状態になっていることを指すのでしょうか。それは、『自律神経が乱れている』こ状態です。

自律神経は、体温を調節する役割を担っています。暑い時には汗をかいて体温を下げます。自律神経が乱れてしまうと体温調節がうまくできなくなり、倦怠感や不眠、イライラや脱力感、食欲不振など、いわゆる夏バテと言われている症状を引き起こしてしまいます。

【自律神経の乱れはなぜ起きる?】
自律神経の乱れは一年を通して起きる可能性があります。主にストレスが原因です。脳と自律神経は深い関わりがあるため、脳がストレスを感じてしまうと乱れてしまいます。
夏に自律神経が乱れるのは、
・エアコンの効いた室内と外の温度差
・冷たいものを摂取し過ぎる
・入浴をせずシャワーだけで済ます
・運動をしない

などがあげられます。

【自律神経を整えるには?】
上記にあげた原因を取り除くことで改善は機体できますが、暑い中、運動をしたり、冷たいものをさけるのも余計にストレスになる場合があります。

オススメの方法は、生姜を取り入れることです。
生姜は身体を内側からあたためたり、殺菌作用があるため、夏の食事に取り入れることで食中毒などのリスクから身を守る期待ももてます。
生姜の辛味成分は「ジンゲロール」と呼ばれ、血管を拡張し血の巡りをよくする作用があります。心臓から押し出す血液の量を増やして、お腹周りの血行をよくし、手や足先の末端の血管まで血液をめぐらせることができます。持続効果が長いのも特徴です。

暑いからそうめんで食事を済まそうという場合に薬味として生姜をたっぷり入れるだけでお手軽に摂取することができます。冷奴の付け合わせにもおすすめです。紅茶を飲む際には生姜をすって入れたジンジャーティーにするのも良いでしょう。また、ぬるめのお風呂に生姜の成分が含まれた入浴剤を使用するのも良いでしょう。

【まとめ】
いつもの生活に生姜を取り入れるだけで身体を内側からあたため、自律神経の乱れを予防する期待がもてます。冬に身体をあたためる食材として人気のある生姜ですが、夏にも是非摂取してみてはいかがでしょうか。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2017-08-03 04:58

コメント (0)