TOP
50.96score

ハルハリ

スポンサーKataribe

お財布を変えるだけで節約?!楽しみながらできる節約術とは

家賃、光熱費、食費、保険料、通信費、交際費、スキンケア費、洋服代、生活用品費、ガソリン代、交通費、医療費、嗜好品代etc...。

全てを切り詰めていけば節約できるのは当たり前ですが、精神的にも負担がかかってしまいますよね。

そこで、楽しみながら節約できちゃう方法を紹介したいと思います。

それは、
【お財布をカテゴリー別に分ける】

家賃や光熱費は引き落としという方も多くいらっしゃると思います。
その他の支払いは現金で行う場合、オススメなのがカテゴリー別に収納できるお財布。幾つかのパーテーションがついている長財布は、目的別にお金を収納するのに役立ちます。

交通費のコーナー、化粧品のコーナー、交際費のコーナー。という風にお金を分けて入れます。

ポイントは、一つ何も項目を作らないコーナーを作っておくこと。

それぞれのコーナーに入っているお金から支払いをしていけば、それぞれの項目についてあと幾ら使えるのかが一目瞭然。家計簿いらずです。

そして一ヶ月経った時に残っているお金を何も項目をつけなかったコーナーに投入。

このコーナーに投入されたお金は、次の月の嗜好品代にプラスするもよし、貯金するもよし、お好みで使うことができます。

お金をただ分けて入れただけじゃないか。と思う方もいらっしゃると思いますが、この方法、無駄遣いを自然にストップしてくれます。

使えるお金全てを一括して収納していると使う度にただマイナスになっていくだけという心理になり、「あぁ、あとこれだけしかない!」という心境になりますが、お金を分けて入れることで「これだけ来月自由に使えるお金がプラスされた!」という感覚になり、心に余裕が生まれます。

例えば「来月は飲み会が数回あるからイタイな」という場合にも、何も項目にないところにお金を入れる意識が自然と働きます。

新しいスキンケアアイテムが販売された時にもその項目からサポートして買うこともでき、幅が広がります。

お金をなるべく遣わないようにする。という意識が、来月は少しエステ代が増えるから楽しみ!という感覚に変わり、楽しく節約することができます。

安売りの時に買いだめするのは実はいらないものまで買ってしまうこともあります。賞味期限が切れてしまったり、大量買いをしたせいで新たにお金をおろしたりと、実は節約になっていないこともいなめません。

使わないコンセントを抜いたり冷蔵庫の中にカーテンを使い温度調節するのももちろん節約にはなります。ですがアレしちゃダメ、こうしなきゃお金がかかる、と日々ストレスの要因になる場合もあるでしょう。

月に使えるお金からはみ出さずに少し贅沢もできる。パーテーションつきお財布は心にも優しい前向きな節約術です。

.

最終更新日:2016-01-21 14:46

コメント (0)