TOP
39.85score

ハルハリ

スポンサーKataribe

チェリーでオーラルケア!?健康的な口内環境へ導く食材たち

歯茎は1度下がってしまうとなかなか元に戻すことは困難です。日々の食事に気をつけることで健康な口内環境を保つことができます。

健康な口内環境に良い食材は様々な種類がありますが、オススメなのはチェリーです。

【チェリーがオーラルケアに適してる理由】
チェリーには、フッ素が多く含まれています。フッ素は歯に良いとご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、歯の1番外側にあるレイヤーを強くするはたらきがあります。この働きによってプラークが接着しにくくなります。プラークとは歯垢と呼ばれているもので、歯磨きを毎日していても溜まってしまうものです。固まってしまったプラークは自分では完全に落とすのが難しく、定期的な歯科でのケアがオススメですが、チェリーを食べることでプラークのつきにくい状態に導くことができます。

チェリー意外にもオーラルケアによい食材がありますので、合わせて摂取することをおすすめします。

【健康な口内環境に良い食材】
・柑橘類
みかんやオレンジなど、ビタミンCが多く含まれている柑橘類は、歯茎からの出血を防ぐ効果があります。ビタミンCが不足すると血行が悪くなり、歯磨きをした際などに出血しやすくなりますので、積極的に補給しましょう。

・乳製品
チーズや牛乳といった乳製品はカルシウムが多く含まれています。カルシウムは歯自体を強くしてくれるはたらきがあるだけでなく、口の中で起こる病気を予防する作用があります。1日一杯牛乳を飲む、チーズやヨーグルトを食べるなど習慣づけることをオススメします。

・リンゴ
リンゴはばい菌やプラークの接着を軽減させる働きがあります。歯の表面を綺麗にする作用があるためです。よく噛んで食べることで唾液が出やすい状態を作ることができ、より良い口内環境を作ることができます。

・きのこ、魚類
きのこや魚類にはビタミンDが豊富に含まれています。ビタミンDはカルシウムの吸収をサポートするはたらきがあります。乳製品と共にとることで、相乗効果が期待できます。

【まとめ】
お口の中の健康は日々の歯磨きが基本ですが、ストレスや睡眠不足、栄養不良などでトラブルが発生する可能性が高まります。
毎日の食生活にオーラルケアに良いものを取り入れることでより良い口内環境を作ることができます。

甘いものは歯に悪いと言われていますがらデザートなしではストレスが溜まるという方などは是非デザートにチェリーやりんご、みかんらオレンジなどの果物を取り入れてみてはいかがでしょうか。
デザートも食べれて、オーラルケアができるので、一石二鳥です。

.

最終更新日:2016-08-17 22:29

コメント (0)