TOP
44.38score

ハルハリ

お手軽、低コスト、オシャレ!段ボール素材の収納グッズ

お部屋の収納を増やして部屋をすっきりさせたい!という場合、棚を購入したり、プラスチックのケースを購入したり、と収納物そのものを購入すれば良いのが一般的ですが、いざ家具を買うというのは勇気がいるもの。特に賃貸物件の場合等はいつ引っ越すか分からないのに大きな棚を買うのは抵抗があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
寸法を図り、丁度良いものを探しても次の家で使えないかもしれない、捨てる際には粗大ゴミになる、プラスチック専用のハサミで切って捨てるのは面倒、など、収納には問題がつきもの。

そこでオススメなのが、段ボール素材でできているカラーボックス類。もちろん100均でも販売していますし、お手持ちの段ボールにオシャレなマスキングテープを貼ってお好みのものを作ることもおすすめです。カラーボックスには様々な大きさが販売されているので、用途に合わせて購入することができます。

【段ボール素材の収納グッズ、おすすめの使い方】
まず、部屋がすっきり、オシャレに見えるためには、細かいものが沢山一度に目に入らないようにすることがポイントです。

●書類類をすっきりさせたいなら...ファイルボックスを。
平べったい形状で販売しており、購入もしやすくおすすめです。ノート、コピー用紙、重要な手紙類、など、項目別に分けて使えば、取り出しも簡単です。引き出しがついている棚がないとお悩みの方にもおすすめです。

●衣替えで仕舞う洋服をすっきりさせたいなら...ダストボックスを。
ダストボックスは、段ボールタイプのものが販売されており、簡単に組立てることができます。燃えるゴミ、燃えないゴミ、と目で見て分かるように、色分けがされてあるのもあり、ゴミ箱と言われなければ分からないものも多々あります。クローゼットに仕舞いきれない洋服が部屋に沢山かかっているという場合等におすすめです。色分けされたダストボックスに、セーター類、パンツ類、等分けていれると良いでしょう。

●お菓子類、カップラーメン、お茶、コーヒー類など、日常的に使うかさばる食材をすっきりさせたいなら...蓋つきのカラーボックスを。
蓋つきの紙でできたカラーボックスは、ホコリや虫が入ることもなく、籠にしまうよりも衛生的に保管することができます。食器棚はお皿や鍋でいっぱい、という方に是非おすすめです。

【ポイント】
紙でできた収納ケース類は、使わない時には小さく折り畳んでしまうことができ、古くなったら低価格で新しいものに変えることができます。粗大ゴミにもなりません。再生紙でできている製品も多く、エコです。紙は軽いため、地震などで重い家具が倒れてくる心配もなくなり、おすすめです。また、動かしやすいため、いつでも模様替えをすることができるのも魅力のひとつです。

.

最終更新日:2016-10-22 15:36

コメント (0)