TOP
41.59score

ハルハリ

スポンサーKataribe

健康維持に!乳酸菌を取り入れよう

乳酸菌を摂取すると健康維持に役立つというイメージを持っている方も多くいらっしゃると思います。具体的に乳酸菌はどのような物質で、どのような働きをするのでしょうか。

●乳酸菌とは

糖を分解して乳酸を作り出す細菌の総称で、人間や動物の腸内、発酵食品などの乳製品などに生息しています。人間の腸内には1億個から1000億個生息しているとされていますが、これは腸内に生息する善玉菌の0.1%程です。重さは1Kg程です。

●乳酸菌のはたらき

・腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しており、悪玉菌が過剰に増えてしまうと様々な疾患の原因となります。そのため、乳酸菌を積極的に取り入れ、腸内の善玉菌を増やすことで健康維持に役立てることができます。

【乳酸菌をとることで改善される症状】

●便秘
腸内環境が正常になることで腸の運動が活発になり、老廃物を排出しやすくなります。便秘が続き、毒素が腸内に溜まってしまうと、血液から毒素は身体を巡り、自律神経が乱れてしまう可能性を高め、様々な不調の原因となります。

便秘が解消されることで改善する症状は、

・肌荒れ
体内の老廃物の蓄積がひとつの原因です。便秘を改善するとニキビなどの吹き出物も予防することができます。

・肥満予防、改善
腸内運動が活発になり、身体の代謝が上がると脂肪を溜め込みにくく、燃焼しやすい身体になります。そのため、ダイエットにも効果的に働きかけることができます。

・がん予防
悪玉菌が過多になると腸内はアンモニアを生成して免疫機能を低下させ、発癌性物質を作り出す可能性が増えます。善玉菌を増やし、がん予防に役立てることができます。

【乳酸菌を効果的にとるには】

●発酵食品
ヨーグルト、チーズ、乳酸飲料、キムチ、ピクルス、漬物

食べ物から摂取する際にはカロリーや塩分が過多にならないようバランスよく食べることが大切です。

●サプリメント
食品からだけでは十分に乳酸菌をとるのが難しい場合はサプリメントからとるのもオススメです。その際には、腸まで届くタイプのものを選びましょう。腸まで届かない場合は、胃腸の酸が乳酸菌を溶かしてしまうためです。
※胃酸で溶けてしまった乳酸菌は死滅し、死滅菌と呼ばれますが、腸内では善玉菌の栄養になり、全くムダになることはありません。

【乳酸菌を摂取するタイミング】

乳酸菌は酸に弱いため、食事の最後にとることをオススメします。お腹がすいていると胃酸が多く出ており、乳酸菌を溶かしてしまいやすくなるからです。

食事やサプリメントからとった乳酸菌は数日から一週間程の働きをします。永久的にはたらきが期待できるわけではないので、継続してとることが大切です。
更に、乳酸菌には色々な種類があるため、複数の種類を摂取することで相乗効果が期待できます。

.

最終更新日:2016-06-09 14:24

コメント (0)