TOP
50.07score

ハルハリ

カサカサなのにテカテカ。悩めるインナードライ肌ケアに効果的な方法とは?

お肌の表面が乾燥しているのに特に夕方になるとテカリが気になるという場合は、インナードライ肌かもしれません。

インナードライ肌の原因として考えられるのは乾燥ですが、その仕組みはお肌を乾燥から守ろうと、身体が防御反応として脂を出すのです。皮脂が沢山分泌されても、お肌に水分が不足しているので乾燥は解消されません。

カサカサなのにテカテカ。そんな方にオススメのケア方法があります。

【スキンケア用品の選び方】
•脂性肌用のものは選ばないこと。

お肌のテカリが気になるからといって、脂性肌用のスキンケア用品を使うと、過剰に出た皮脂を取り除いてしまい、余計乾燥してしまいます。
保湿効果の高いスキンケア用品を選びましょう。具体的には、エタノールフリー、アルコールフリーの化粧水がオススメです。

•必ずコットンでケアする
化粧水をつける時は、コットンになじませてからお肌にのせていきましょう。手のひらでパンパンと叩くと、お肌へ刺激を与えてしまいます。週一回はコットンに化粧水をひたひたに染み込ませて、コットンパックをするのもオススメです。

•日中の保湿ケアが大切

夕方特にテカリが気になる場合には、日中の保湿ケアがポイントです。ミスト化粧水を午後顔全体に吹きかけ、やさしくティッシュオフします。メイクの上からでもケアできる方法です。お肌に水分を与えてあげましょう。コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの美容成分が含まれたミストは特にオススメです。お肌がもっちり、しっとりします。

【ホームケアのポイント】

•洗顔は30度から35度ほどのぬるま湯でおこないましょう。
•洗顔料は洗浄成分が強すぎないものを選びましょう。

【メイク用品の見直し】

•リキッドファンデーションは使用を控えましょう。
また、専用のリムーバーがないと落ちないメイク用品など、落ちにくいものを避け、ミネラルファンデーションやチーク、マスカラなどを使用することをオススメします。洗顔でメイクが落としやすいものを使うことで、お肌の負担を減らします。

【顔の血行をよくする】

•お風呂から上がったあと、スキンケアが終わったら、指の腹で顔をやさしくマッサージします。血行がよくなることで代謝があがり、お肌のターンオーバーを正常に導くことができます。お肌のバリア機能を高めて乾燥肌を根本から治すことができます。

適切なインナードライ肌ケアをしながら、肌質改善も同時に行うことで、健やかなお肌になる期待がもてます。

日々のケアで美しい未来のお肌を作りましょう!

.

最終更新日:2016-01-13 18:28

コメント (0)