TOP
41.98score

ハルハリ

スポンサーKataribe

大寒に仕込む味噌は美容効果抜群!圧力鍋で簡単手作り味噌。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


一年で一番寒いとされる『大寒』。この時期に汲んだ水は、雑菌が少ないため、身体に良いとされてきました。長期保存食材である味噌や、お酒、醤油を仕込むのにはとても適している時期。気温が低く、味噌がゆっくり醗酵するという意味でも、この時期に作られた味噌を購入することをおすすめします。時間がある方は、手作りもおすすめ。
美容効果の高い味噌の効果や、簡単な作り方をご紹介します。

【手作り味噌】
材料
・食塩 800グラム
・大豆 1300グラム
・米麹 2000グラム

お味噌汁400杯弱、一年分の味噌を作ることができます。
1.大豆をしっかり洗い、水を吸わせます。
2.大鍋で大豆を3時間から4時間煮込みます。圧力鍋を使うと15分!
3.大豆を手やビンなどで潰します。
4.塩と麹を手で混ぜます。
5.大豆と、4.をしっかり混ぜ合わせます。
6.5.を壷などに詰めます。空気を抜きながら詰めるのがポイントです。
7.内蓋と、重石をし、空気が上面に触れないようにして完了!
あとは、10ヶ月ほど熟成させます。

常温で、直射日光を避けて保存しましょう。熟成後は冷蔵庫に入れて保存すると、色や味の劣化が防げます。

圧力鍋を使えば、短時間で手作り味噌の出来上がりです。塩分を控えめにしたい場合は塩の加減を調整するなど、お好みの味噌を作ることができます。

【味噌の美容効果】
・シミ、ソバカス予防
大豆が醗酵する過程で作られる遊離リノール酸は、メラニンの合成を抑制します。シミやソバカスはメラニン色素が沈着することによって起こるため、効果的にはたらきかけることができます。また、麹に含まれているコウジ酸も、メラニンの過剰な生成を抑制して、くすみを取り除く期待がもてます。

・イソフラボンで女性ホルモンをサポート
大豆にはイソフラボンが豊富に含まれており、味噌にもたっぷり含まれています。血中コレステロールを下げたり、血液をサラサラにする健康効果の他、新陳代謝がアップすることで、お肌のターンオーバーを正常に保つ期待がもてます。

・抗酸化作用
老化の原因となる細胞の酸化を防ぐ作用が、メラノイジンという成分にあります。味噌の茶色の色素はメラノイジンという成分によるもので、活性酸素を抑えるはたらきがあります。

【まとめ】
毎日のように食事に取り入れやすい味噌。寒い大寒の時期に手作りし、一年を通して美容にはたらきかけてみてはいかがでしょうか。
もちろん市販の味噌でも美容効果はあります。色が濃い味噌程、メラノイジンが多く含まれているので、美容目的で味噌を選ぶ場合には濃い色のものを選ぶことをおすすめします。

.

最終更新日:2017-01-15 19:57

コメント (0)