TOP
45.82score

ハルハリ

スポンサー健康ネット

お悩み別!アイクリームの選び方

顔の中でも目元は人に強い印象を与える部位の1つ。アイメイクに凝っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。アイラインにアイシャドー、マスカラ、と毎日メイクをしているとどうしてもお肌に負担をかけてしまうのも事実。メイクオフをした後は目元ケアをすることがポイントです。
アイケア用のクリームは沢山の種類があり、どれを選んでよいか分からないという方におすすめなのが、自分の悩みに合った成分をきちんと補給してあげること。せっかく高価なアイクリームを購入するのであれば、しっかり効果を実感したいですよね。お悩みに合わせた成分を知ることが大切です。

【たるみにお悩みの場合】
まぶたがたるんでしまうと老けた印象になってしまいがち。アイメイクも思うようにできない!という方には、お肌にハリを与えてあげる成分が含まれたものを選ぶと良いでしょう。
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・セラミド
・FGF
・グリセリン
・レチノール
これらが含まれているものを選ぶことでまぶたのたるみにはたらきかけることができます。アンチエイジングケアにもぴったりです。

【くすみにお悩みの場合】
目元のくすみが気になってついハイライトを濃く入れてしまう。メイクが濃くなる分、お肌に負担をかけてしまう!という方には、保湿成分プラス、潤いを与えてツヤを出す成分が含まれたものがオススメです。
・トラネキサム酸
・エラグ酸
・アルブチン
これらは美白成分で、目元に透明感を与えて、くすみを改善してくれます。

【小じわにお悩みの場合】
目尻のちりめんじわでアイラインがうまくひけない、老けた印象になってしまう!という方には、高い保湿成分が含まれたものを選ぶと良いでしょう。
中でも、年齢を重ね、糖化による小じわにオススメなのは
・ネムノキ樹皮エキス
・オリーブ葉エキス
・大豆芽エキス
・ローズ花エキス
・ヤマブドウ
・コーンのひげ
・梅果実エキス
・カモミール
が含まれているものです。同時に、食生活で甘いものを控えることでより糖化にはたらきかけ、小じわ改善に期待が持てます。

【まとめ・ポイント】
目元は皮膚が薄く、デリケートな部位です。アイメイクをした後はやさしくクレンジングをおこない、適切な目元ケアをしてあげましょう。
アイクリームは、化粧水、美容液、乳液の後に塗りましょう。薄いテクスチャーのものから使用することで成分がお肌に浸透しやすくなります。
また、アイメイク用品はミネラル成分でできているもの、クレンジングは界面活性剤が含まれていないものを選ぶこともおすすめです。
自分の目元に合った成分のアイクリームを選んで美しい目元を目指してくださいね。

.

最終更新日:2016-02-26 14:53

コメント (0)