TOP
48.91score

ハルハリ

肌荒れの原因は内臓冷え性のせい?!身体をあたためて美しいお肌に。

冬になるとお肌が荒れてしまう。冬は外気が乾燥しているから保湿クリームをしっかり塗って、室内では加湿器をつけて乾燥対策をしているのに、、。
と、お悩みの方にオススメの肌荒れ対策方法があります。それは、

●身体をあたためる=内臓をあたためる

冬場はもちろんのこと、夏場でもエアコンの効いた室内では身体が冷えてしまいがち。冬場はカイロを貼ったり、厚着をしたりと寒さ対策はしやすいですが、夏場は羽織もの一枚をプラスしてなんとかしのいでいる、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。手足があったまっていても、内臓が冷えている状態では肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなってしまいます。

・胃腸が弱い
・ひどい肩こり
・手足がむくみやすい
などの症状が当てはまる場合には、内臓冷え性の可能性があります。
チェック法として、太ももの内側よりも腹部が冷たいかどうか自分で触って確認することができます。お腹の方が冷たい場合には内臓冷え性の可能性が高いことをあらわします。

内臓が冷えると、血液の循環が悪くなり、代謝が悪くなっていきます。毛細血管まで血液が行き届きにくくなると、
・乾燥肌
・赤ら顔
・ニキビ
・くすみ
・クマ
・小じわ
の原因となってしまいます。

では、どのように内臓冷え性を改善していけばよいのでしょうか。

●外出時のカイロはお腹に
・手足が冷たいからといって足先にカイロを貼ったり、手にカイロを持っているという方は、もう一枚、お腹に貼ってみましょう。肌着の上から貼るタイプのものは、お肌にダメージを与えにくいのでおすすめです。また、生理痛がひどいという方は、女性用ナプキンのような形をしたカイロがあります。子宮をあたためることで身体の内側からあたためることができます。

●朝起きたらお湯を飲む
・朝は水やスムージーなどを飲んでいる。という方は、コップ一杯のお湯を飲みましょう。身体があたたまり、すっきりした状態へ持っていくことができます。朝風呂と似た効果を実感できます。

●食べ物にひと工夫
・しょうがやにんにく、ねぎは身体をあたためる野菜です。また、鶏肉や牛肉、ラムも肉類ではオススメです。香辛料では唐辛子が良いでしょう。

●パックにひと工夫
・美容成分や保湿成分が含まれているパックはお肌の乾燥にとても効果的。お風呂に入る際にパックを袋ごと入れておき、あたためることでお肌に負担をかけずにパックすることができます。

【まとめ】
肌荒れの改善、予防には内臓をあたためることが大切。代謝をあげ、老廃物をためにくい体質へ変化させることができる。食べ物、飲み物、美容品全てにひと工夫することで内臓冷え性を改善することができます。

.

最終更新日:2016-03-25 15:23

コメント (0)