TOP
56.35score

ハルハリ

スポンサー健康ネット

飲んでよし!塗ってよし!注目のブラッククミンシードで健康と美容にアプローチ。

チアシードやココナッツオイル、アサイーやマキベリーなど、健康と美容に良いスーパーフードが話題となっていますが、今注目したいのはブラッククミンシード。

英語圏ではローマンコリアンダー、ブラックセサミ、ブラッククミンなどとも呼ばれており、遥か昔からその治癒力の高さが証明されています。ブラッククミンシードは一年草の花の種ですが、その種からとったオイルはおおよそ3300年前のツタンカーメンの墓から出てきた程です。

では、具体的にはどのように健康維持に働きかけるかみていきましょう!

1.高血圧予防、および高血圧の緩和
2.大腸がんの増殖を抑える
3.抗酸化作用
4.抗炎症作用
5.抗カビ作用
6.鎮痛作用
7.抗菌作用
8.血糖値をさげる
9.花粉症などのアレルギーの緩和
10.免疫力の向上
など、その効果は多岐にわたります。

美容面からみてみると

1.アンチエイジング作用(強い抗酸化作用)
2.抗フケ作用
3.頭皮を健やかに保つ
4.抜け毛の予防

に役立ちます。

では、どのように摂取するのがよいのでしょうか。

ブラッククミンは中東やインドではスパイスとして料理によく使われていますが、日本では馴染みがあまりないのが現状です。

お手軽に摂取できる方法は、ティースプーンに一杯ほどのブラッククミンシードをすりつぶし、ヨーグルトに入れて混ぜるだけ。ほんのり苦味があります。空腹時に食べるとより効果的です。

スパイスが得意な方はカレーに少量入れたり、お茶にして飲むのも良いでしょう。

また、オイルもオススメですがそのまま飲むと独特の味と香がします。苦味が強いので、ハチミツと混ぜて摂取すると良いでしょう。

お肌に直接塗ることもできるのがオイルの特徴です。数滴を塗り込むことでお肌がしっとりして柔らかくなっていきます。コッテリめのテクスチャーですが、お肌にすぐに馴染み、べたつきません。すべすべの状態へと導きます。
ヘアケアをする場合には、数滴を頭皮になじませてやさしくマッサージします。

少しハードルがあがりますが、とっておきの使い方はクランベリーやラズベリー系のオイルと混ぜること。ブラッククミンシードオイルの持っている抗酸化力を更にグッと高めることができます。

いいことずくしのブラッククミンシードですが、購入する時のポイントは

1.オーガニック認証されているもの
2.精製されていない、100パーセント純粋なもの
3.塗っても、飲んでもよいと記されているもの
4.コールドプレス法(低温圧搾)で抽出されているもの

です。

スパイスの香りが得意じゃないという方には、サプリメントも販売されていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

.

最終更新日:2016-01-08 01:11

コメント (0)