TOP
47.72score

ハルハリ

スポンサー健康ネット

そのまま食べれるお手軽なスーパーフード〝カカオニブ〝

スーパーフードは様々な種類がありますが、いつもの食事にパッとかけたり、小腹が空いた時にそのまま食べられるカカオニブがオススメです。

【カカオニブとは】
カカオニブは、カカオの胚乳部分をさします。カカオ豆を発酵させたのちに乾燥させ、焙煎して砕き、殻を取り除いたものが販売されています。チョコレートの原料としてもカカオは良く知られていますよね。香りはビターチョコレートのようですが、甘みはありません。

【カカオニブに含まれている主な成分】
・カカオポリフェノール
・鉄分
・マグネシウム
・ビタミンE
・ナイアシン
・カリウム
・カルシウム
・亜鉛

【カカオニブの健康効果】
・しみ、シワの予防
カカオポリフェノールは、抗酸化力の高さで有名なスーパーフード、アサイーよりも抗酸化力が高いのが特徴です。体内の細胞の老化を防ぎ、若々しい状態へ導くことができます。尚、カカオポリフェノールは、一般的にカテキンやアントシアニン、フラバノール、プロシアニジンなどが含まれている総称となっています。カテキンは緑茶の4倍とも言われています。

・血管、血圧の正常化
カカオポリフェノールには、血管を拡張させ、コレステロールやカルシウムが血管の壁にくっついてしまうのを予防することができます。そのため、高血圧を防いだり、動脈硬化を予防することができます。更に、カカオポリフェノールの中のフラボノイドは、血液凝固抑制作用があるため、心臓血管疾患予防にもつながります。

・貧血予防
鉄分は女性に特に不足しがちな成分のひとつ。貧血予防にはたらきかけます。

・血液循環を健やかに保つ
マグネシウムを取り入れることで血液の流れを良くし、冷え性やむくみにはたらきかけます。また、体内の酵素のはたらきをサポートし、エネルギーの代謝を行います。

・虫歯の予防
カカオニブに含まれているエピカピテンという成分は、虫歯菌に対しての抗菌力が高いのが特徴です。

・便秘解消
リグニンと呼ばれる不溶性食物繊維が腸で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす作用が期待できます。この整腸作用によって便通を健やかに促します。

【カカオニブの摂り方】
・シリアルに混ぜる
・ペペロンチーノなど、パスタにふりかける
・ヨーグルトに混ぜる
・スムージー、ホットドリンクにふりかける
・おやつ代わりにそのまま食べる

など、いつもの食事やデザートにひとつまみプラスするだけで簡単に摂取することができます。

紫外線を浴びる前に摂ることで、光老化を予防できるため、昼間の外出前に摂るとより良いでしょう。

カカオニブは賞味期限も長いので保存力も高く、オススメのスーパーフードです。

.

最終更新日:2016-08-03 18:55

コメント (0)