TOP
44.38score

ハルハリ

スポンサーKataribe

自分のニキビの原因を知ってニキビレスのお肌に。

スキンケアは丁寧にしているはずなのに、繰り返しできてしまうやっかいなニキビ。大人ニキビは跡にもなりやすく、色素が沈着してしまうとシミの原因にもなります。

●ニキビケア用品を探す前に
皮脂の分泌を抑えようと過度に洗顔をし、お肌を乾燥させて余計にニキビが悪化た時期がありました。自分のニキビの原因を知って適応する成分が含まれた商品を使うことで今ではニキビレスのお肌になることができました。
そのため、まずは何故ニキビができやすくなっているのかを知ることがニキビレスの第一歩です。部位別に原因が異なるため、チェックしてみましょう。

【部位別、ニキビの原因】
・生え際
シャンプーなどのすすぎ残しや、毛穴汚れ、ストレス

・Tゾーン
ホルモンバランスの乱れによる皮脂分泌過多、前髪の雑菌の付着

・鼻
毛穴の汚れ、紫外線、ファンデーション、手で触るなど摩擦による刺激

・頬
乾燥、ホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌、冷え、不潔な寝具、バスタオルの雑菌

・フェイスライン
ホルモンバランスの乱れ、ストレス、冷え性などの身体の内部が原因、洗顔料などの洗い残し

・口まわり
栄養バランスの悪い食生活、胃腸機能の低下、乾燥、ホルモンバランスの乱れ

その他、背中やお尻、頭皮などさまざまな部位にできるニキビ。顔まわりだけをみてもその原因はさまざまです。

【ニキビケア商品の選び方】
自分のニキビの原因が分かったら、その原因を改善するための成分が含まれた商品を選ぶことがポイントです。

●乾燥が原因
・フラーレン
→角質内の保湿成分を回復させてお肌のバリア機能の向上をサポートするはたらきが期待できます。

●ホルモンバランスの乱れ、皮脂の過剰分泌が原因
・イソフラボン
→男性ホルモンが過多の状態が続くと皮脂の過剰分泌を促進したり、毛穴の収縮がおこり、角栓が詰まりやすくなりニキビになりやすくなります。イソフラボンは女性ホルモン優位の状態をつくり出す作用があります。

●紫外線、雑菌が原因
・ビタミンC誘導体
→強力な抗酸化作用をもち、美白作用も期待できる成分です。紫外線によるお肌のダメージを修復し、できてしまったニキビ跡を薄くする作用が期待できます。

また、どの部位にできるニキビにもオススメなのが、
・パントテン酸→ビタミンBの一種で、お肌のターンオーバーにはたらきかけます。
・トコフェロール→ビタミンEをさし、脂質の抗酸化作用が期待できます。
・イソプロピルメチルフェノール→ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌
・グリチルリチン酸→抗炎症作用
・サリチル酸→ピーリング効果があり、老廃物、毛穴汚れを除去

ニキビケア用品選びにお悩みの方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

.

最終更新日:2016-06-09 15:07

コメント (0)