TOP
41.85score

ハルハリ

スポンサーKataribe

健康効果抜群!気になる男性にあげるなら、バレンタインはやっぱりチョコレートを!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

「チョコレートはカロリーが高い!」
「甘いものがそんなに得意じゃない男性にあげても喜ばれる?!」

と、バレンタインの贈りものにお悩みの方は、是非今一度チョコレートについて知ってみてはいかがでしょうか。

チョコレートは、実は健康効果や美容効果がとても高い食材。

【チョコレートの効果】
・癌や病気などの予防
・アンチエイジング(血管の若返り、抗酸化作用)
・血圧抑制作用
・高血圧予防
・ピロリ菌の除去

などがあげられます。これらの作用は、チョコレートに含まれているエピカテキンと呼ばれている成分の作用です。
具体的に、エピカテキンのはたらきをみていくと...

【エピカテキンとは】
高分子ポリフェノールの一種。
チョコレートが作られる際、カカオの種と果肉をまるごと醗酵させますが、その過程で発生する成分です。

・エピカテキンは硬くなった血管を正常に戻すはたらきがあるため、血圧抑制作用や、高血圧の予防、血管の若返りに効果があるのです。
・胃酸分泌の調整をし、殺菌作用があることから、ピロリ菌を除去して胃潰瘍を予防するはたらきが期待できます。
・悪玉コレステロールの増加を抑制して、血中コレステロール値を正常に導きます。動脈硬化の抑制に繋がります。
・抗アレルギー作用があるため、アレルギー症状を改善、緩和させることができます。
・抗ウイルス作用により、喉や食道に侵入した悪性のウイルスの増殖を抑えることができます。
・消臭作用により、口臭の原因となるメチルカルカプタンという物質にはたらきかけ、健やかな息を保ちます。
・虫歯の原因となる菌を殺菌するため、虫歯予防にもはたらきかけます。
・筋肉を増やし、体重を減らす作用があるため、ダイエットにも効果的です。

このような作用が期待できるため、立派な健康食品と言えます。

【効果的なチョコレートの食べ方】
幾らチョコレートが身体に良いといっても、大量に食べれば良いというわけではありません。どの食材もそうですが、チョコレートも効果的な食べ方があります。チョコレートを1かけ食べた際に体内に入るエピカテキンは2時間でピークに達し、下がります。そのため、2時間置き位に1かけを食べるのをおすすめします。

【まとめ】
バレンタインデーにチョコレートを用意するなら、ひと粒ずつ食べられるタイプのものがおすすめです。小分けに食べることで、健康効果をアップさせることができます。プレゼントを渡す際に、少しだけチョコレートの効果を話してみるのも良いかもしれません。チョコレートのイメージがガラリと変わり、美味しく食べてくれる可能性が高まるのではないでしょうか。

.

最終更新日:2017-01-13 16:16

コメント (0)