TOP
44.04score

ハルハリ

スポンサーKataribe

美容、健康促進に!簡単に取り入れらるメディカルハーブ

病院に行く程の症状でもないけれど、なんだか身体がダルい、疲れていると不調を感じる場合にオススメなのがメディカルハーブです。

【メディカルハーブとは】
薬効に特化したハーブのこと。正しい使い方をすれば、体調を整え、イキイキと毎日を過ごすことができます。なじみ深いものではバジル、高麗人参、にんにくなども含まれ、その種類は数千種類と言われています。

【メディカルハーブの種類と効能】
数多く存在しているメディカルハーブですが、日々の生活に取り入れやすいものをピックアップすると

・ローズマリー
強力な抗酸化力を持ち、アンチエイジング、生活習慣病の予防につながります。

・レモングラス
疲労回復効果、リラックス効果があり、ストレスを緩和させます。

・レッドクローバー
喘息の改善、女性の更年期障害の予防することができます。

・ユーカリ
喉の炎症を抑えたり、花粉症などのアレルギーを緩和させる作用があります。

・バナバ
糖尿病の予防に効果が期待されます。

・フィーバーフュー
偏頭痛の緩和に効果があります。

・セントジョンズワースト
軽度の鬱状態の緩和に効果があり、精神を落ち着かせます。PMSにも効果的です。

・ニンニク
高血圧予防、滋養強壮に効果があります。

・エキナセア
免疫力を高め、風邪やインフルエンザの予防につながります。

・プエラリア
女性ホルモンに似たはたらきをすることから、バストアップ効果が期待できます。

このように、ハーブによって具体的に効能が分かれているので自分の体調に合わせてチョイスするのも良いでしょう。

【効果的なメディカルハーブの使い方】
メディカルという名前がついているということは、使い方も重要です。
ですが、薬ではないため自宅でハーブを育てれば、無農薬で新鮮なものを取り入れることができます。
ベランダ菜園や、キッチンに鉢を置いて育て、料理の際に使用するのも良いでしょう。使用する際には少量から始め、自分の体の様子をみながら使いましょう。

オススメの使い方はチキングリルにローズマリーを入れたり、レモングラスをお茶にして飲んだり、ニンニクを風味付けに使ったりと、簡単に毎日の生活に取り入れることができます。

セントジョンズワーストに関しては抗てんかん薬、抗ウィルス剤、血液凝固剤、経口避妊薬、強心薬との併用は避けましょう。効能が低下してしまう可能性が高まります。

【まとめ】
毎日を快適に過ごすには、体調管理が大切なポイントです。ダルい、疲れがとれないなどの症状は風邪や病気とは違うけれど辛いもの。食生活をガラっと変えるのもストレス。そんな方は是非メディカルハーブを取り入れてみてはいかがでしょうか。専門の資格を取ることも出来る、注目の分野です。

.

最終更新日:2016-02-16 14:27

コメント (0)