TOP
39.45score

ハルハリ

効果倍増!発酵食品の食べ方

発酵食品をとることで、さまざまな健康効果を実感することができますが、その中でも主に腸内環境の改善に役立てることができます。
日本では醤油や味噌、納豆やお漬け物などの発酵食品が昔から食べられてきました。これらは腸内細菌を健やかに保つことができる食品で、微生物がつくり出したものです。別名でプロバイオティクス食品とも呼ばれています。

腸内環境の改善に良い理由は、腸内フローラを健やかに保つことができること。また、腸内細菌を活性化させる役割があるためです。腸内の善玉菌を増やして便秘などの改善にも役立ちます。これら、腸に良いはたらきをしているのが【乳酸菌】です。

【乳酸菌の種類】
●動物性→ヨーグルトやチーズなど
・特徴:ヨーグルトやチーズなどに含まれているの乳酸菌の多くは、胃腸の酸で溶かされてしまい、なかなか腸に届かない仕組みになっています
。そのため、発酵食品の効果をアップさせるためのポイントは、腸内細菌の餌になるものを共に食べることです。

●植物性→味噌、醤油、ぬか漬け、野沢菜、ピクルス、甘酒など
特徴;酸度の高い胃液、腸液などをくぐり抜け、大腸まで生きたままで届きます。そして腸内を弱酸性に保つはたらきをしています。

●動物性乳酸菌を摂る際には...
【腸内細菌の餌になるもの】
・食物繊維→腸内の善玉菌を増やして理想的な腸内環境へ導きます
・オリゴ糖

これらと共にとりましょう。

●食物繊維が含まれているもの
・芋類、根菜類、豆類、野菜、果物

●オリゴ糖が含まれているもの
・アスパラ、バナナ、ゴボウ、キノコ類、切り干し大根、干し野菜、乾物類

【注意したいポイント】
・お漬け物は、お手軽に摂れる発酵食品ですが、塩分が強いのが特徴です。発酵食品を摂ろうと、お漬け物ばかり食べていては、身体に負担がかかります。塩分が多く含まれた発酵食品を食べた際には、カリウムが含まれた食べ物を共に食べると良いでしょう。カリウムは体内の塩分を体外に排出させるはたらきがある成分です。キウイはカリウム、ビタミンcなどが豊富に含まれているのでおすすめです。

・ヨーグルトはカロリーに気をつけることもポイントです。夜寝る前に過剰に摂取するのは控えましょう。

【オススメの組み合わせ】
・朝ご飯やデザートに →バナナと豆乳ヨーグルト
・お酒のおつまみに →キムチと切り干し大根
・美容効果もプラスしたいとき →豆乳ヨーグルトと甘酒
・夕食に →野菜たっぷりの豚汁、きのこのみそ汁、根菜類の味噌炒め

【まとめ】
理論上では、植物性乳酸菌が含まれたものだけで乳酸菌を補給すれば楽ということになりますが、塩分過多にならないようにするため、動物性のものとバランス良く食べることが大切です。

.

最終更新日:2016-09-19 17:24

コメント (0)