TOP
47.23score

ハルハリ

スポンサーKataribe

正しいハンドクリーム選びをしてますか?手荒れの症状にあったハンドクリームの選び方

人へ与える印象は、顔はもちろんのこと、以外と手というのも見た目を大きく左右するもの。スキンケアはバッチリなのに手荒れで印象が落ちてしまっては勿体無いですよね。そして荒れた手でいるのは何より自分自身が1番ツライですよね。

ハンドクリームでケアをしている方も多くいらっしゃると思いますが、きちんと塗っているのになかなか改善されないとお悩みの方は、自分にあったハンドクリームを使用できていないかもしれません。

原因に合わせたものを選ぶことで改善する可能性が高まります。顔でいうところのニキビ対策、エイジング対策のように、、。そこで自分の手荒れの症状を今一度見てみましょう。

•乾燥が原因の手荒れ

水仕事を日々行っていると、洗剤などの成分によって必要な潤いまで落とされてしまい、手が乾燥して手荒れになってしまいがち。そんな時には尿素がたっぷり含まれたものを選びましょう。尿素は水に馴染みやすい性質があり、体外へ排出される水分をお肌にとどめてくれるはたらきがあります。パックリ割れや傷に塗るとしみて痛みを生じるので、使用は控えましょう。

•アトピー性皮膚炎を伴う手荒れ

お肌のバリア機能が低下すると、紫外線などの外部刺激などでダメージをうけ、手荒れに繋がります。アトピー性皮膚炎もバリア機能が低下した状態です。改善するにはセラミドを補給してあげることが大切です。セラミドは角質層の細胞と細胞の間に存在している脂質成分で、お肌の水分が蒸発するのを防ぎます。外部刺激からお肌を守り、保湿する大切な成分です。お肌のバリア機能を高めることで手荒れに働きかけることができます。

•敏感肌による手荒れ

敏感肌が原因で手荒れになってしまう、クリームもなかなか合うものがないという方にはグリセリンが含まれたものがオススメです。中でもヤシの実やパーム油を原料とした自然のものが良いでしょう。匂いもなく、もともと体内にある物質のため、アレルギー反応がでにくい特徴があります。

お顔のケア同様、手荒れの症状が改善されてきたら、美肌を目指したくなりますよね。症状が再発しないように高い保湿成分を取り入れることをオススメします。

その成分は、2つ。1つ目はシアバターです。
シアの実からとれる天然成分で、高い保湿効果があります。常温では固形、体温で溶けて浸透していきます。

2つ目はヒアルロン酸。
高い保水力を持ち、お肌を潤いで満たします。皮膚にハリがうまれ、みずみずしい状態になります。

完全に手荒れがよくなってからは過剰にクリームを塗り過ぎないことも大切です。クリームに頼りすぎると自己治癒力がなくなり、手放せなくなってしまいます。

不足分を上手に補って美しい手を目指しましょう。

.

最終更新日:2016-01-07 05:12

コメント (0)