TOP
43.20score

ハルハリ

スポンサー健康ネット

夏にオススメ!必須アミノ酸が全て含まれているインゲン

夏野菜というとゴーヤやオクラ、トマトやきゅうり、なすなどを思い浮かべる方も多くいらっしゃるかと思いますが、この夏オススメしたい野菜は〝インゲン〝です。

インゲンは大豆同様マメ科の野菜で、夏が旬です。

【インゲンに含まれている成分】
・ミネラル→カルシウム、マグネシウム、カリウム
・ビタミン→ビタミンB1、B2、ビタミンC
・食物繊維
・βカロチン
・アスパラギン酸
などが豊富に含まれています。
そして注目したいのが、
人間の体内では十分合成されない必須アミノ酸が全て含まれています。

【必須アミノ酸の働き】
・バリン→筋肉に積極的に取り込まれて直接エネルギー源となります

・ヒスチジン→貧血やアレルギー疾患、消化器系の潰瘍を改善します

・リジン→ウィルスの働きを抑えたり、骨の発育をサポートします

・ロイシン→筋肉のたんぱく質の分解を抑えてエネルギーの元になります

・イソロイシン→筋肉の消耗を抑えたり、疲労回復を促します

・メオチニン→肝臓から老廃物を取り除き、肝臓、腎臓の働きをよくします

・フェニルアラニン→食欲を抑えたり、記憶力や注意力アップにはたらきかけます

・トリプトファン→成長ホルモンの分泌を刺激したり、セロトニンの元となります

・スレオニン→肝臓につく脂肪の蓄積を防ぐ働きをサポートします
です。

その他、豊富なミネラルやビタミンが夏の健康維持ににさまざまな効果を発揮します。

【インゲンの健康効果】
・動脈硬化、ガン予防
暑さなどで身体に負担がかかり、ストレスで活性酸素が蓄積しやすくなります。インゲンに含まれているβカロチンは体内でビタミンAに変性し、高い抗酸化力を発揮します。そのため活性酸素がもたらす細胞の老化を防ぎ、動脈硬化やガンの予防につながります。

・風邪の予防
ビタミンAは粘膜を強化する働きがあるため、口や鼻など風邪の菌が入ってくる粘膜を強化することで菌に強い身体へと導くことができます。

・美肌効果
抗酸化作用はアンチエイジングにも効果的です。また、夏は紫外線が強く、メラニン色素を生成しやすくなります。βカロチンはメラニンの生成を抑えることができ、シミ予防につながります。

・夏バテ予防、疲労回復
リジンやアスパラギン酸は疲れた身体を回復させる効果があります。

・便秘改善
食物繊維が豊富に含まれているため、健やかなお通じが期待できます。

【インゲンの摂り方のポイント】
茹でるといたみやすくなりますので、多めに茹で冷凍保存すると良いでしょう。美肌効果をアップすためにはビタミンEが含まれるゴマあえがオススメです。インゲンは100gで23キロカロリーとカロリーも少ないため、是非毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

.

最終更新日:2016-08-03 14:25

コメント (0)